DCデータベース wiki
Advertisement
この記事はアニマルマン/バディ・ベイカーナビゲーション・ページです。

アニマルマン(Animal Man)ことバディ・ベイカー(Buddy Baker)は様々な動物の能力を使えるスーパーヒーローである。アニマルマンのパワーの源はザ・レッドと呼ばれるパワーウェブ(形態形成場)であり、地球上のみならず、時に宇宙の様々な動物の力を彼に与えている。彼は普段、俳優やスタントマンをしており、ロック歌手だったこともある。妻のエレン・フレイジャーと、クリフマクシーンという二人の子供と共にサン・ディエゴに住んでおり、家庭を大切するスーパーヒーローとして、バランスを取って人生を送っている。彼はフォーガットン・ヒーローズジャスティス・リーグ・ヨーロッパのメンバーであった。
NEW 52のリブート後はジャスティス・リーグ・ユナイテッドの一員となった。

初登場[]

アニマルマン
作者 デイヴ・ウッドカーマイン・インファンティーノ
初登場 ストレンジ・アドベンチャーズ #180 (1965年)

歴史[]

シルバーエイジである1965年、SF系のアンソロジー・コミック『ストレンジ・アドベンチャーズ』で、ライターのデイヴ・ウッドとアーティストのカーマイン・インファンティーノが手がけたストーリーでデビューしたバディ・ベイカーは、当初はヒーローのコスチュームを着ていなかった。同誌では60年代に5回登場しており、3回目の登場である#190にてAマンと名乗ってコスチュームに身を包み、次の#195ではアニマルマンとなっている。
『ストレンジ・アドベンチャーズ』の後しばらく登場がなかったが、1980年の『ワンダーウーマン』#267〜268にて久しぶりに登場し、84年には『アクション・コミックス』#552〜553にて忘れられたヒーローたちによるチーム「フォーガットゥン・ヒーローズ」一員として登場した。88年にはイギリスの気鋭ライターであるグラント・モリソンによる個人シリーズ『アニマルマン (Vol. 1)』がスタートした。元々は4号のミニシリーズとして計画されていたが、セールスが好調だったためオンゴーイングシリーズとなり、モリソンは開始から約2年にわたる担当期間で、アニマルマンを単なる動物の能力を操れるだけのヒーローではなく、宇宙を見渡す視野を持ったキャラクターとして描きなおした。1990年の#26でモリソンが『ドゥーム・パトロール』に専念するため担当を離れた後はピーター・ミリガントム・ヴィッチジェイミー・デラーノらがライターとなった。SFの要素だけでなくホラーの要素も取り入れていき、#57からは大人向けのインプリント・レーベルであるヴァーティゴからの刊行となった。また、1989年〜1990年にはジャスティス・リーグ・ヨーロッパのメンバーとして『ジャスティス・リーグ・ヨーロッパ』#1〜12にも登場した。
2006年にはグラント・モリソンもライターとして参加した週刊シリーズ『52』にてメインキャラクターの一人として登場し、続けて『52』と『ファイナル・クライシス』をつなぐイベントである『カウントダウン』の関連タイトル『カウントダウン・トゥ・アドベンチャー』にてアダム・ストレンジ、スターファイヤーとともにメインで描かれた。また、2009年にはジェリー・コンウェイによる未来を舞台にしたミニシリーズ『ラスト・デイズ・オブ・アニマルマン』が全6号で刊行された。
フラッシュポイント』後、2011年にNEW 52の最初の52作品の一つとして『アニマルマン (Vol. 2)』が、ライターにジェフ・レミーアを迎えてスタートした。同誌ではスコット・スナイダーによる『スワンプシング』とのクロスオーバーイベント『ロットワールド』も展開された。
2012年にはカートゥーン・ネットワークのショートアニメシリーズ『DCネーション』で4話の短編アニメが作られ、アル・ヤンコビックがアニマルマンの声を担当した。

ユニバース別のアニマルマン[]

Thumb animal man new earth
バディ・ベイカー (ニューアース)
主な登場作品アニマルマン (Vol. 1)
Thumb animal man
バディ・ベイカー (プライムアース)
主な登場作品アニマルマン (Vol. 2)ジャスティス・リーグ・ユナイテッド
Thumb animal man futures end
バディ・ベイカー (フューチャーズ・エンド)
主な登場作品フューチャーズ・エンド
Thumb animal man dcau
バディ・ベイカー (DCAU)
主な登場作品ジャスティス・リーグ・アンリミテッド (コミックス)
コミックスのみの登場


アニマルマンのコミック[]

Animal Man Vol 1 5
アニマルマン (Vol. 1)
1988年〜1995年
#1-89, アニュアル#1
The Last Days of Animal Man Vol 1 1
ラスト・デイズ・オブ・アニマルマン
2009年
#1-6
Animal Man Vol 2 1
アニマルマン (Vol. 2)
2011年〜2014年
#1-29, #0, アニュアル#1-2

レコメンド[]

コミックス[]

Advertisement