DCデータベース wiki
Advertisement

アマンダ・コナー(Amanda Conner)はコミックアーティスト、コミックライターである。ハーレイ・クインのコミックを多く手がけている。

来歴[]

アマンダ・コナーはニューヨークの広告代理店でイラストレーターとして働いた後、80年代の後半にマーベル・コミックスやアーチー・コミックスでコミックの仕事に携わるようになった。その後、バービー人形やディズニーのコミックでペンシラーを務めた後、ハリス・コミックスの『ヴァンピレラ』のシリーズを手がけるようになる。1995年の『スターマン (Vol. 2) #14』の参加を経て、1998年の『スーパーマン:ロイス・レイン』からDCコミックスでも多くの作品を手がけるようになった。
2013年から、夫であるジミー・パルミオッティとともに手がけた『ハーレイ・クイン (Vol. 2)』が大ヒットし、いくつかのスピンオフシリーズも作られ、彼女は長らくハーレイのコミックに携わるようになる。その他、パワーガールの作品も多く手がけている。
夫のジミー・パルミオッティは、彼女がペンシラーを担当した数々のコミックでインカーを担当した他、『ハーレイ・クイン』を始めとする多くの作品で共同でライターも担当している。

代表作[]

ハーレイ・クイン[]

カバーアートとストーリーを担当。カバーだけでなく、作中のアートを手がけている号もある。

パワーガール[]

ペンシラーとして参加。

  • JSAクラシファイド』(2005年/#1-4)
  • パワーガール (Vol. 2)』(2009年~2010年/#1-12)

その他[]

アート担当作品[]

  • バーズ・オブ・プレイ:カオティック・コード』(2002年/バーズ・オブ・プレイ(Vol. 1) #47-49)
  • トゥーステップ』(2003年/#1-3)
  • テラ』(2009年/#1-4)
  • ビフォー・ウォッチメン:シルク・スペクター』(2012年/#1-4)

ストーリー&カバーアート担当作品[]

  • スターファイヤー (Vol. 2)』(2015年〜2016年/#1-12)
  • ワンダーウーマン:カム・バック・トゥ・ミー』(2019年〜2020年/#1-6)

外部リンク[]

Advertisement