DCデータベース wiki
Advertisement

グリーンランタン Vol. 6(Green Lantern Vol. 6)はインフィニット・フロンティアのリランチによってスタートしたコミックスの一つである。グリーンランタンの活躍が描かれる。

概要[]

本作は『ザ・グリーンランタン:シーズン2』の終了後に、新しいグリーンランタンのコミックスとしてスタートし、ワンダー・コミックスの『ヤング・ジャスティス』で初登場したティーンランタンと、ヤング・アニマルの『ファー・セクター』で初登場したジョー・マレインという新しい2人のランタンを主人公に据えている。
フューチャー・ステート:グリーンランタン』も手がけたジェフリー・ソーンがライターを担当し、『バットマン&アウトサイダーズ (Vol. 3)』や『レッドフード&アウトローズ (Vol. 2)』のデクスター・ソイがペンシラーを担当してスタートした。

作者[]

ライター[]

  • ジェフリー・ソーン (Geoffrey Thorne)

ペンシラー[]

  • デクスター・ソイ (Dexter Soy)
  • マルコ・サントゥッシ (Marco Santucci)
  • トム・レイニー (Tom Raney)
  • クリスクロス (ChrisCross)

キャラクター[]

▶︎グリーンランタン Vol 6/キャラクター

ストーリー[]

新たに発足したユナイテッド・プラネッツへの加入を巡り、オァで加盟惑星によるサミットが開かれた。そんな中、グリーンランタン・コァの存続に関わるとんでもない事件が発生するのだった。

作品[]

2021年6月 (2021年4月6日) Green Lantern #1 (英語版)
『The Source of Peace』
2021年7月 (2021年5月4日) Green Lantern #2 (英語版)
『Death Is a Door』
2021年8月 (2021年6月1日) Green Lantern #3 (英語版)
『Cosmology Lesson』
2021年9月 (2021年7月6日) Green Lantern #4 (英語版)
『Polarity』
2021年10月 (2021年8月3日) Green Lantern #5 (英語版)
『The Standard Model』
2021年11月 (2021年9月7日) Green Lantern #6 (英語版)
『Entanglement』
2021年11月 (2021年9月7日) Green Lantern #2021 Annual (英語版)
『Exposure Therapy』
2021年12月 (2021年10月19日) Green Lantern #7 (英語版)
『Deus Novus Viarum』
2022年1月 (2021年11月16日) Green Lantern #8 (英語版)
『Lucis Lator』
2022年2月 (2021年12月7日) Green Lantern #9 (英語版)
『Praxio』
2022年3月 (2022年1月18日) Green Lantern #10 (英語版)
『Apotheosis』

合本/単行本[]

TPB[]

Green Lantern Vol 1 - Invictus
Green Lantern Vol. 1:
Invictus
発売:2021/12/21
Future State: Green Lantern #1『Last Lanterns』『The Taking of Sector 0123』『Book of Guy』
Future State: Green Lantern #2『Last Lanterns, Part Two』『Dead Space』『Recon』
Green Lantern #1『The Source of Peace』
Green Lantern #2『Death Is a Door』
Green Lantern #3『Cosmology Lesson』
Green Lantern #4『Polarity』

関連タイトル[]

ヤング・ジャスティス Vol 3
ティーンランタンことケリ・クインテラの前シリーズ。
ファー・セクター Vol 1
ジョー・マレインの前シリーズ。
ザ・グリーンランタン:シーズン2
ハル・ジョーダンの前シリーズ。
ジャスティス・リーグ・オデッセイ Vol 1
ジェシカ・クルスの前シリーズ。
ジャスティス・リーグ Vol 4
ジョン・スチュワートの前シリーズ。

Advertisement