DCデータベース wiki
Advertisement

スコット・スナイダーはコミックライターである。バットマンのコミックを多く担当しているほか、オリジナル作品『アメリカン・ヴァンパイア』を10年以上に渡って手がけている。

来歴[]

DCコミックスでは、2010年の『アメリカン・ヴァンパイア #1』でヴァーティゴよりデビューし、続いてディテクティブ・コミックスで『バットマン:ブラックミラー』を手がけた。この作品でアートを担当したジョックとは『バットマン・フー・ラフズ (Vol. 2)』でも再びチームを組んでいる。
NEW 52の『バットマン (Vol. 2)』ではアーティストのグレッグ・カプロと5年にわたりタッグを組んだ。その後もスナイダーとカプロのコンビは『ダークナイツ:メタル』、『ダークナイツ:デスメタル』、『バットマン:ラスト・ナイト・オン・アース』といった作品を手がけている。

代表作[]

バットマン[]

  • バットマン:ブラックミラー』(2011年/ディテクティブ・コミックス #871-881)
  • バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム』(2011年)
  • バットマン (Vol. 2)』(2011年〜2016年)
  • オールスター・バットマン』(2016年〜2017年)
  • バットマン:ラスト・ナイト・オン・アース』(2019年)

ジャスティス・リーグ[]

スーパーマン[]

スワンプシング[]

ダークナイツ:メタル[]

アメリカン・ヴァンパイア[]

  • アメリカン・ヴァンパイア』(2010年〜2013年)
  • アメリカン・ヴァンパイア:セカンド・サイクル』(2014年〜2016年)
  • アメリカン・ヴァンパイア1976』(2020年~)

その他[]

  • ウェイク』(2013年〜2014年)

主な創造キャラクター[]

  • アーキテクト(画:ジョック)
  • 梟の法廷(画:グレッグ・カプロ)
  • バットマン・フー・ラフズ(画:グレッグ・カプロ)
  • ハーパー・ロウ(画:グレッグ・カプロ)
  • ウィリアム・コッブ/タロン(画:グレッグ・カプロ)

外部リンク[]

Advertisement