Fandom


この記事はスワンプシングナビゲーション・ページです。

スワンプシング(Swamp Thing)は植物の精霊であり、地球上の全ての植物との繋がりを持つ存在で、エレメンタルのネットワークの一つ「ザ・グリーン」を司るアバターである。植物学者アレック・ホランドは、植物のホルモンを活性する試薬を開発するが、事故により試薬を浴び、死亡してしまう。しかし、彼は沼の怪物=スワンプシングとして、記憶や人格を引き継いで復活した。スワンプシングは植物の化身として、人間と自然の両方の立場から地球の環境を見守り、数々の超常的な問題とも対峙してきた。彼はパーラメント・オブ・ツリーの一員であり、『ブライテスト・デイ』では、ホワイトランタン・コァの一員となった。

初登場編集

スワンプシング
作者レン・ウェインベルニ・ライトソン
初登場ハウス・オブ・シークレッツ #92 (1971年)

歴史編集

スワンプシングは、ライターのレン・ウェインと、ペンシラーのベルニ・ライトソンによって、1971年、ハウス・オブ・シークレッツ #92にて、読み切り作品で初登場した。翌年の72年には、同じくレン・ウェインとベルニ・ライトソンによって、最初の個人シリーズがスタートする。最初のシリーズは、#13までレン・ウェインによって手がけられ、1976年の#24まで連載が続けられた。
1982年にはウェス・クレイブンによって、単独の映画作品が制作され、同じ年に新しく個人シリーズもスタートした。#20からアラン・ムーアをライターに迎え、新たなキャラクター性が加えられ、現在に続くスワンプシングの設定が確立する。
89年の#90ではライターのダグ・ウィーラーとペンシラーのパット・ブロデリックによって、娘のテフェ・ホランドが登場する。
シリーズは1993年の#129から、インプリントのヴァーティゴからの出版となった。2000年から2001年にかけてブライアン・K・ヴォーンが第3シリーズを手掛け、2004年から2006年にかけてアンディ・ディグルジョシュア・ダイサートが第4シリーズを手掛けた。
2011年のNEW 52のリブートにより、新たなシリーズが、再びDCコミックスから刊行開始された。このシリーズはスコット・スナイダーチャールズ・ソウルがライターを担当し、2015年の#40まで続いた。2016年には、ペンシラーにケリー・ジョーンズを迎えて、レン・ウェインが再びライターを担当する6話のミニシリーズが刊行された。
1989年には続編の実写映画が公開され、1990年から93年にかけて実写のテレビドラマも展開されたほか、1991年には全5話のアニメシリーズも制作されている。
2019年、DCコミックスの配信サービスであるDCユニバースから新たなドラマシリーズが配信された。

ユニバース別のスワンプシング編集

メイン編集

Thumb swamp thing new earth
スワンプシング (ニューアース)
主な登場作品:
Thumb swamp thing
アレック・ホランド (プライムアース)
主な登場作品:

その他編集

Thumb swamp thing alex olsen new earth
アレックス・オルセン (ニューアース)
主な登場作品:ハウス・オブ・シークレッツ #92
Thumb swamp thing alec holland new earth
アレック・ホランド (ニューアース)
主な登場作品:

マルチバース編集

Thumb swamp thing dc bombshells
スワンプシング (DCボムシェル)
主な登場作品:

その他のメディア編集

Thumb swamp thing alec holland movie
アレック・ホランド (怪人スワンプシング 影のヒーロー)
主な登場作品:怪人スワンプシング 影のヒーロー
- アレック・ホランド (怪人スワンプシング (ドラマ))
主な登場作品:怪人スワンプシング (ドラマ)
- アレック・ホランド (スワンプシング (アニメ))
主な登場作品:スワンプシング (アニメ)
Thumb swamp thing alec holland dcamu
アレック・ホランド (DCAMU)
主な登場作品:ジャスティス・リーグ:ダーク (アニメ)

スワンプシングのコミック編集

スワンプシングのコミックス一覧参照。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。