DCデータベース wiki
Advertisement

スーサイド・スクワッド Vol. 7(Suicide Squad Vol. 7)はインフィニット・フロンティアのリランチによってスタートしたコミックスの一つである。スーサイド・スクワッドを主人公に描かれる。

概要[]

本シリーズは、2020年の『ティーン・タイタンズ』を手がけたライターのロビー・トンプソンによってスタートした。ロビー・トンプソンは未来世界を描いたミニシリーズ『フューチャー・ステート:スーサイド・スクワッド』から引き続いて担当している。アートは『バットウィング』や『スーパーガール』のほか、『ティーン・タイタンズ』でもロビー・トンプソンと組んだエドゥアルド・パンシーカが手がけている。

作者[]

ライター[]

  • ロビー・トンプソン (Tim Seeley)

ペンシラー[]

  • エドゥアルド・パンシーカ (Javi Fernandez)

キャラクター[]

▶︎スーサイド・スクワッド Vol 7/キャラクター

ストーリー[]

アマンダ・ウォラーは、新たなスーサイド・スクワッドを育てようとしていた。その目的のため、彼女はある囚人をスカウトすべくピースメーカーを渦中のアーカム・アサイラムへ送り込む。それに加え、彼女はさらなる候補をすでに手中に収めていたのだ。ピースメーカーをニューリーダーに迎えた新生タスク・フォースXの危険な任務がスタートする。

合本/単行本[]

TPB[]

関連タイトル[]

ティーン・タイタンズ・アカデミー Vol 1
#3でクロスオーバー

Advertisement