DCデータベース wiki
Advertisement

スーパーマン&オーソリティ(Superman and the Authority)はスーパーマンのコミックスの一つである。スーパーマンと、彼が結成した新チームオーソリティの活躍が描かれる。

概要[]

本シリーズは、アクション・コミックス #1030〜1035の『ウォーワールド・ライジング』と#1036〜の『ウォーワールド・サーガ』の間に位置するストーリーで、スーパーマンがウォーワールドの難民救出に向かうため、新たなチーム「オーソリティ」を結成するまでが描かれる。オーソリティはワイルドストーム・ユニバースで登場したチームで、オリジナルのラインナップからはミッドナイターアポロが登場している。その他、スーパーマンのヴィランであるマンチェスター・ブラックや、タンジェント・コミックスで描かれたアース9のフラッシュがライトレイとなって登場するなど、多彩なメンバー構成で描かれる。
オールスター・スーパーマン』や『マルチバーシティ』のグラント・モリソンが、『グレイソン』や『バットマン (Vol. 3)』のアーティスト、ミケル・ハニンと組んで描く、新たなスーパーマン・サーガ。

作者[]

ライター[]

  • グラント・モリソン (Grant Morrison)

ペンシラー[]

  • ミケル・ハニン (Mikel Janín)

キャラクター[]

▶︎スーパーマン&オーソリティ Vol 1/キャラクター

ストーリー[]

時には、スーパーマンでさえ不可能と思えるような任務がある。時には、スーパーマンでさえ助けを必要とすることがある。ウォーワールドの人々の苦しみを知ったスーパーマンは現地に向かうことを決意するが、ジャスティス・リーグの力は借りられず、自身の力が弱まりつつあることも自覚していた。そんな彼が頼った相手、それはかつての仇敵の一人マンチェスター・ブラックだった。スーパーマンとブラックは、ウォーワールド遠征のためのチームを結成し、メンバーのスカウトを開始する。

作品[]

2021年9月 (2021年7月20日) Superman and The Authority #1 (英語版)
『All Our Tomorrows』
2021年10月 (2021年8月17日) Superman and The Authority #2 (英語版)
『One Soul At A Time』
2021年11月 (2021年9月14日) Superman and The Authority #3 (英語版)
『Grimdark!』
2021年12月 (2021年10月12日) Superman and The Authority #4 (英語版)
『Widescreen』
2022年1月 (2021年11月2日) Batman/Superman: Authority Special #1 (英語版)
『Empire of Shadows』

合本/単行本[]

TPB[]

Superman and the Authority (TPB)
Superman and the Authority
発売:2021/11/30
Superman and the Authority #1『All Our Tomorrows』
Superman and the Authority #2『One Soul At A Time』
Superman and the Authority #3『Grimdark!』
Superman and the Authority #4『Widescreen』

関連タイトル[]

スーパーマン Vol 5
アクション・コミックス Vol 1 (リバース)
フューチャー・ステート:スーパーマン:ワールズ・オブ・ウォー Vol 1

Advertisement