DCデータベース wiki
Advertisement

「父はもし僕の正体が世間に知られたら、恐れられ、拒絶されると信じてた。何もできずに父を死なせてしまった。正体を明かすのはまだ早いという父の言葉を信じて。世界はまだ準備ができていないからと。君はどう思う?」-クラーク・ケント

カル=エル/クラーク・ジョセフ・ケントスーパーマンとして知られるスーパーヒーローで、クリプトン星最後の生存者、コデックスの宿主、デイリー・プラネットの報道記者、ロイス・レインの婚約者、ジャスティス・リーグのメンバー。

エル家のジョー=エルとララ・ロー=ヴァンの子として生まれ、クリプトン文明が完全に崩壊する運命にあることを悟った彼らにロケットに乗せられて地球に送られた。スモールビルの農夫ジョナサンとマーサ・ケントに発見された赤子のカルは養子として引き取られ、クラーク・ジョセフ・ケントと名付けられた。スーパーマンとして、クリプトンの将軍ドゥルー=ゾッドとラオの剣によるテラフォーミング計画の脅威から地球の人々を守るために戦った。メトロポリスの大部分を破壊した激戦の後、ゾッドが戦闘の停止を拒否したため、不本意ながら彼を殺害して侵攻を終結させたが、戦闘に巻き込まれたメトロポリス市民に壊滅的な被害と多大な犠牲をもたらした。

1年半後、異星人としての身分と神と同等の力を持つために物議を醸す超存在として注目される中、メトロポリスを始め、世界中で様々な犯罪者や脅威を阻止し、ロイスとアパートで暮らしながら記者として働いていたが、暴力的な自警団バットマンに対する警戒心を強めていた彼はレックス・ルーサーの策略でマーサの命と引き換えにダークナイトとの死闘を強いられた。しかし、最終的には2人は互いを殺さずに意見の相違を解決し、マーサを無傷で救出し、ワンダーウーマンとチームを組み、ルーサーがゾッドの遺体からスーパーマンを殺すためだけに作り出した強力なハイブリッド生物ドゥームズデイを倒すことに成功したが、彼はクリプトナイトの槍で止めを刺されて死亡した。

公には地球上最も偉大なヒーローとしてヒーローズパークに埋葬をされたことになったが、実際はスモールビルに埋葬され、全世界が彼の死を悼んだ。彼の英雄的な犠牲はバットマンとワンダーウーマンに将来起こるあらゆる脅威と戦うためにジャスティス・リーグの創設や、アマンダ・ウォラーに国家の安全を脅かす可能性のあるスーパーマンのような強力な存在に対処するために使い捨て人員のタスクフォース Xを編成させるきっかけを与えた。彼の死はまた、フラッシュやアクアマンなどのメタヒューマンが、ヒーローになるために公の場に踏み出すきっかけにもなった。

死から2年後、迫りくる脅威に対抗するにはスーパーマンが必要だと考えたバットマンがフラッシュとサイボーグの協力を得て、マザーボックスの力で彼を復活させた。ジャスティス・リーグが集結し、侵略に来たニューゴッヅの将軍ステッペンウルフへの抵抗に大きく貢献した彼はあっさりと討伐して、撤退に追い込んだ。その後、正式にジャスティス・リーグに加入し、ロイスとマーサと再会した彼はスーパーヒーローとジャーナリストとしての人生に戻った。

ステッペンウルフの侵略の失敗から約1年後、シャザム一家のビリー・バットソンとフレディ・フリーマンと友人になり、学校で一緒に昼食を取った。その後、雇われた殺し屋ブラッドスポートにクリプトナイトの弾丸で撃たれたことで重傷を負ったが、集中治療室で一命を取り留めて回復した。アマンダ・ウォラーから報せを受けて、エミリア・ハーコート率いる精鋭チームがバタフライ計画作戦の一環としてカウを討伐するためにジャスティス・リーグと共に支援に駆け付けたが、既に戦いが終わっていたため、ピースメイカーにチームの無能さを指摘された。その後、カーンダック国に赴き、封印を解かれたブラックアダムと対峙した。

経歴[]

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

トリビア[]

Editicon このセクションは書きかけです。是非記事を編集してください。

登場作品[]

外部リンク[]

Advertisement