ゼロ・アワー(Zero Hour)は1994年に行われたDCコミックスクロスオーバー・イベントである。同名の全5篇のリミテッド・シリーズと複数のタイイン・タイトルから成る。本シリーズではグリーンランタン・コァと呼ばれる宇宙警察の隊員であるハル・ジョーダンが、故郷のコーストシティが破壊された悲しみで気が触れてしまい、魔神のごときパララックスに変貌する。パララックスはDCユニバースの破壊と再生を試み、タイムラインを改変した。当時発売されていた月刊のDCユニバース作品のほとんどが『ゼロ・アワー』とクロスオーバーし、メインシリーズは号数を逆に数えて#4からスタートして#0で終わるというスタイルをとった。

1985年の大規模クロスオーバー・イベント『クライシス・オン・インフィニット・アース』以来となるタイムラインの改変が行われ、ゼロ・アワー:クライシス・イン・タイム(Zero Hour: Crisis in Time)という副題がつけられている。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

DCコミックスの主なクロスオーバー・イベント
1980年代
クライシス・オン・インフィニット・アース
(1985年-1986年)
レジェンズ
(1986年-1987年)
ミレニアム
(1988年)
インベージョン!
(1989年)
1990年代
アルマゲドン2001
(1991年)
ウォー・オブ・ザ・ゴッズ
(1991年)
エクリプソ:ダークネス・ウィズイン
(1992年)
ブラッドラインズ
(1993年)
ゼロ・アワー
(1994年)
アンダーワールド・アンリーシュド
(1995年)
ファイナル・ナイト
(1996年)
ジェネシス
(1997年)
DCワンミリオン
(1998年)
デイ・オブ・ジャッジメント
(1999年)
2000年代
アイデンティティ・クライシス
(2004年)
インフィニット・クライシス
(2005年)
52
(2006年)
ワン・イヤー・レイター
(2006年)
ファイナル・クライシス
(2008年)
ブラッケスト・ナイト
(2009年)
2010年代
ブライテスト・デイ
(2010年)
フラッシュポイント
(2011年)
NEW 52
(2011年)
トリニティ・ウォー
(2013年)
フォーエバー・イービル
(2013年)
コンバージェンス
(2015年)
DCリバース
(2016年)
ダークナイツ:メタル
(2017年)
ヒーローズ・イン・クライシス
(2018年)
イヤー・オブ・ザ・ヴィラン
(2019年)
2020年代
ダークナイツ:デスメタル
(2020年)
エンドレス・ウィンター
(2020年)
フューチャー・ステート
(2021年)
インフィニット・フロンティア
(2021年)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。