ダークナイツ:デスメタル(Dark Nights: Death Metal)は2020年のDCコミックスクロスオーバー・イベントおよびリミテッド・シリーズのタイトルである。

概要[編集 | ソースを編集]

DCユニバースを激震させた『ダークナイツ:メタル』が、アンコールに応えて復活する。『メタル』のスコット・スナイダーグレッグ・カプロが再びステージに立ち、最後のツアー『デスメタル』の幕が上がる。獣を解き放て!ヘッドバンギングのスタートだ!

全6号のリミテッド・シリーズに加え、『ジャスティス・リーグ』のタイインと多くのワンショットで描かれる、『ダークナイツ:メタル』の続編にして完結編。

作者[編集 | ソースを編集]

ライター[編集 | ソースを編集]

アーティスト[編集 | ソースを編集]

キャラクター[編集 | ソースを編集]

▶︎ダークナイツ:デスメタル/キャラクター

ストーリー[編集 | ソースを編集]

地球がダークマルチバースに包まれ、ジャスティス・リーグバットマン・フー・ラフズのなすがままになっていた。バットマンスーパーマンワンダーウーマンが分断される中、人類は歪んだ世界で生き残りをかけて奮闘する。
▶︎ダークナイツ:デスメタル/エピソード

作品[編集 | ソースを編集]

関連タイトル[編集 | ソースを編集]

ジャスティス・リーグ (Vol. 4) #1-39
イヤー・オブ・ザ・ヴィラン:ヘル・アリズン
フラッシュ・フォーワード

DCコミックスの主なクロスオーバー・イベント
1980年代
クライシス・オン・インフィニット・アース
(1985年-1986年)
レジェンズ
(1986年-1987年)
ミレニアム
(1988年)
インベージョン!
(1989年)
1990年代
アルマゲドン2001
(1991年)
ウォー・オブ・ザ・ゴッズ
(1991年)
エクリプソ:ダークネス・ウィズイン
(1992年)
ブラッドラインズ
(1993年)
ゼロ・アワー
(1994年)
アンダーワールド・アンリーシュド
(1995年)
ファイナル・ナイト
(1996年)
ジェネシス
(1997年)
DCワンミリオン
(1998年)
デイ・オブ・ジャッジメント
(1999年)
2000年代
アイデンティティ・クライシス
(2004年)
インフィニット・クライシス
(2005年)
52
(2006年)
ワン・イヤー・レイター
(2006年)
ファイナル・クライシス
(2008年)
ブラッケスト・ナイト
(2009年)
2010年代
ブライテスト・デイ
(2010年)
フラッシュポイント
(2011年)
NEW 52
(2011年)
トリニティ・ウォー
(2013年)
フォーエバー・イービル
(2013年)
コンバージェンス
(2015年)
DCリバース
(2016年)
ダークナイツ:メタル
(2017年)
ヒーローズ・イン・クライシス
(2018年)
イヤー・オブ・ザ・ヴィラン
(2019年)
2020年代
ダークナイツ:デスメタル
(2020年)
エンドレス・ウィンター
(2020年)
フューチャー・ステート
(2021年)
インフィニット・フロンティア
(2021年)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。