DCデータベース wiki
Advertisement

Teen Titans Volume 4 Logo

ティーン・タイタンズ Vol. 4(Teen Titans Vol. 4)はフラッシュポイント後に刊行された、NEW 52のコミックスの一つである。ティーン・タイタンズの活躍が描かれる

概要[]

本シリーズはライターをスコット・ロブデル、ペンシラーをブレット・ブースが担当してスタートした。ロブデルは#30でシリーズが終了するまで、ライターを続けた。NEW 52のスタートからロブデルが本シリーズと同時に手がけている『スーパーボーイ』は、クロスオーバーイベント『カリング』まで物語が並行して進んでいた。
本シリーズ終了後、新たなクリエイティブ・チームでVol. 5がスタートする。

作者[]

ライター[]

  • スコット・ロブデル (Scott Lobdell)

アーティスト[]

  • ブレット・ブース (Brett Booth)

キャラクター[]

▶︎ティーン・タイタンズ Vol 4/キャラクター

ストーリー[]

作品[]

イッツ・アワー・ライト・トゥ・ファイト
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年9月28日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Teen Spirit』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年10月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Underground and Overwhelmed』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年11月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Better to burn out... Than to fade away』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年12月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Danger Squared!』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年1月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Over Before It's Begun』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年2月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『By The Light...』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年3月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Assault on Project 13』
カリング:ライズ・オブ・ラベジャーズ
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年4月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『A Dark Omen』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年5月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Culling: Part One: The Battle』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年5月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Culling, Part 2: Lost Claws!』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年5月9日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Culling Part Three: Unbeatable』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年5月23日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Culling Part Four: If This Be Victory--!』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年6月27日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Saur Feelings』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年7月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Wonder Wonder Who』『When Dinosaurs Walked The Earth』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年8月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Armored Up And Out』『When Dinosaurs Walked The Earth』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年9月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Red Robin』
オリジン・オブ・ワンダーガール
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年10月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Origin of Wonder Girl』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年11月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Origin of Wonder Girl: Part Two』
喪われた絆
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年12月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Teen Scream』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年1月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Gotham Runs Red!』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年2月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Grey Matters - Prologue to A Tale of Dark and Light』
レクイエム
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年3月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『To Belle And Back』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年4月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Trigon-ometry』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年5月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Only Begotten』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年6月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Brothers Trigon』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年7月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Dark Titans』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年8月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Hello, I Must Be Going!』
ヴィラン月間
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年9月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Heart of Darkness』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年9月日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Lord of War』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年10月23日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Caught Up In Circles』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年10月30日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『My Future My Enemy』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年11月27日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『A Good Defense』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年12月31日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『You Can't Go Home Again』
{{{カバーイヤー}}}年 (2014年1月29日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『State's Evidence』
{{{カバーイヤー}}}年 (2014年2月26日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Without You』
{{{カバーイヤー}}}年 (2014年3月26日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Sentences』
{{{カバーイヤー}}}年 (2014年4月23日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『...And Now... The End Is Near...』
{{{カバーイヤー}}}年 (2014年5月7日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Be Careful What You Wish For』

合本/単行本[]

TPB[]

テンプレート:TPB/Teen Titans Vol. 1: It's Our Right to Fight テンプレート:TPB/Teen Titans Vol. 2: The Culling テンプレート:TPB/Teen Titans Vol. 3: Death of the Family テンプレート:TPB/Teen Titans Vol. 4: Light and Dark テンプレート:TPB/Teen Titans Vol. 5: The Trial of Kid Flash

関連タイトル[]

スーパーボーイ (Vol. 6)
リージョン・ロスト (Vol. 2)
カリング』にてクロスオーバー。
バットマン (Vol. 2)
イベント『デス・オブ・ザ・ファミリー』にてクロスオーバー。

Advertisement