Exclamation icon.gif

真の黒幕は誰なのか?
クエスチョン[出典]

トリニティ・ウォー(Trinity War)は2013年に展開されたDCコミックスクロスオーバー・イベントである。NEW 52の『ジャスティス・リーグ』や『ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ』、『ジャスティス・リーグ・ダーク』タイトルでメインストーリーが進行した。トリニティ・オブ・シンパンドラの箱の謎を中心に、ジャスティス・リーグジャスティス・リーグ・オブ・アメリカジャスティス・リーグ・ダークの衝突が描かれている。また、本作ではアース3クライム・シンジケートがNEW 52の世界観に初登場した。

トリニティ・ウォーのストーリーは直後に始まったクロスオーバー・イベント『フォーエバー・イービル』に続いている。

作品[編集 | ソースを編集]

メインストーリー[編集 | ソースを編集]

  • Part 1: Justice League #22
  • Part 2: Justice League of America #6
  • Part 3: Justice League Dark #22
  • Part 4: Justice League of America #7
  • Part 5: Justice League Dark #23
  • Part 6: Justice League #23

タイイン[編集 | ソースを編集]

  • 序章: Trinity of Sin: Pandora #1
  • 幕間: Trinity of Sin: Pandora #2
  • 幕間: Trinity of Sin: Pandora #3
  • 幕間: Constantine #5
  • 幕間: Trinity of Sin: The Phantom Stranger #11

翻訳単行本[編集 | ソースを編集]

タイトル 収録作品 出版社 発売日
ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー Justice League #22~23
Justice League Dark #22~23
Justice League of America #6~7
Trinity of Sin: Pandora #1~3
Constantine #5
Trinity of Sin: Phantom Stranger #11
The New 52: FCBD Special Edition
小学館集英社プロダクション 2015年6月24日

外部リンク[編集 | ソースを編集]

DCコミックスの主なクロスオーバー・イベント
1980年代
クライシス・オン・インフィニット・アース
(1985年-1986年)
レジェンズ
(1986年-1987年)
ミレニアム
(1988年)
インベージョン!
(1989年)
1990年代
アルマゲドン2001
(1991年)
ウォー・オブ・ザ・ゴッズ
(1991年)
エクリプソ:ダークネス・ウィズイン
(1992年)
ブラッドラインズ
(1993年)
ゼロ・アワー
(1994年)
アンダーワールド・アンリーシュド
(1995年)
ファイナル・ナイト
(1996年)
ジェネシス
(1997年)
DCワンミリオン
(1998年)
デイ・オブ・ジャッジメント
(1999年)
2000年代
アイデンティティ・クライシス
(2004年)
インフィニット・クライシス
(2005年)
52
(2006年)
ワン・イヤー・レイター
(2006年)
ファイナル・クライシス
(2008年)
ブラッケスト・ナイト
(2009年)
2010年代
ブライテスト・デイ
(2010年)
フラッシュポイント
(2011年)
NEW 52
(2011年)
トリニティ・ウォー
(2013年)
フォーエバー・イービル
(2013年)
コンバージェンス
(2015年)
DCリバース
(2016年)
ダークナイツ:メタル
(2017年)
ヒーローズ・イン・クライシス
(2018年)
イヤー・オブ・ザ・ヴィラン
(2019年)
2020年代
ダークナイツ:デスメタル
(2020年)
エンドレス・ウィンター
(2020年)
フューチャー・ステート
(2021年)
インフィニット・フロンティア
(2021年)
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。