DCデータベース wiki
Advertisement

「私は両親を亡くした。その傷が今の私を作った。実際、その痛みがなければ、自分が何者なのか分からない。過ちを正そうと一生を費やした。マントを羽織り、犯罪と戦えば両親が戻ってくるかもしれないと思って。君が本当にそれをやってのけたわけだ。」
-ブルース・ウェイン

ブルース・ウェインはウェイン・エンタープライズのCEOで、両親の死後、鍛錬と技術装備の開発に取り組み、バットマンとして知られる自警団になった。執事アルフレッド・ペニーワースの助けを借り、ジョーカーなどの犯罪者と対決し、長年に渡って街を守った。1997年、犯罪者だった父親を息子の目の前で殺害してしまった彼は過去に自分に降りかかった境遇と重なり、ゴッサムが世界で最も安全な都市の1つになっていたため、引退を決意した。2013年、隠居していた彼は2人のバリー・アレンからゾッド将軍を止めるために協力を求められて承諾した。バリーが力を取り戻すのを助け、シベリアに監禁されていたカーラ・ゾー=エルと共にジャスティス・リーグを結成した。しかし、この時間軸の彼はゾッドに敗北して死ぬことが避けられない運命だった。後にそのことを知ったバリーの行動によってこの時間軸と彼の存在そのものが抹消された。

経歴[]

人物[]

能力[]

装備[]

トリビア[]

Advertisement