DCデータベース wiki
Advertisement

「俺は何の理由もなく人を殺したりしない、いいか?兄貴が死んだ時、誓ったんだ…誰を殺すにせよ、平和のために殺すと。キースの時とは違って、もう理由もなく誰も死なせることはない。」
-ピースメイカー

クリストファー・スミスは平和のためにはどんな犠牲も厭わない信条を持つ暴力的な自警団ピースメイカーとして知られた。コルト・マルテーゼへの任務に派遣された第2のタスクフォースX攻撃チームのメンバーだった彼はチームと親しくなったが、彼らがアメリカ政府のミスを公にしようとしたことで本来の任務である証拠を消すために裏切った。リーダーのリック・フラッグを殺害した後、ブラッドスポートに敗れ、昏睡状態になった。

アメリカの病院に送られた彼は部隊のミッションコーディネーターだったジョン・エコノモスとエミリア・ハーコートや友人のヴィジランテも含むバタフライ計画の調査に参加する小規模チームに加わった。その過程で虐待的な父親とも対立し、自分の人生感や過去のトラウマに向き合った彼は父親を殺害した。

バタフライ計画の後、レオタ・アデバヨがアマンダ・ウォラーの不正を公表し、彼女の支配から解放された。より良い人間になるために少しずつ歩み始めたが、亡くなった父親の幻覚に悩まされるようになった。

経歴[]

人物[]

能力[]

装備[]

トリビア[]

Advertisement