DCデータベース wiki
Advertisement

フューチャー・ステート:アクアマン(Future State: Aquaman)はイベント『フューチャー・ステート』で刊行されたアクアマンリミテッド・シリーズのコミックスである。

概要[]

本シリーズはイベント『フューチャー・ステート』の一環で刊行された全2号のシリーズで、イメージ・コミックス(スカイバウンド)やマーベル、ダイナマイト・コミックスでも経験のあるブランドン・トーマスがストーリーを担当した。

作者[]

ライター[]

  • ブランドン・トーマス (Brandon Thomas)

アーティスト[]

  • ダニエル・サンペレ (Daniel Sampere)

キャラクター[]

Aquaman - Future State Aquaman Vol 1 1 1アクアマン
Aquawoman - Future State Aquaman Vol 1 2 1アクアウーマン

▶︎フューチャー・ステート:アクアマン Vol 1/キャラクター

ストーリー[]

アクアマンの名を受け継ぎ、アーサーメラの娘であるアンディ・カリーの師となったジャクソン・ハイド。だが彼とアンディは、遥か彼方の銀河と繋がる異次元の接続点「コンフルーエンス」に飲み込まれようとは思ってもいなかった。その上、ジャクソンは故郷へ帰る道を探す中でアンディを失い、五年以上もの間監獄に捕らえられてしまう。しかし今日、ジャクソンはついに希望を見出すことになる。

関連タイトル[]

アクアマン Vol 8
本シリーズの前後、DCリバースからインフィニット・フロンティアにて連載されたアクアマンのタイトル。アンディ・カリーの誕生も描かれている。
フューチャー・ステート:ジャスティス・リーグ
アクアウーマンが登場する『フューチャー・ステート』のタイトル

Advertisement