DCデータベース wiki
Advertisement

Blue Beetle (2011)

ブルービートル Vol. 8(Blue Beetle Vol. 8)はフラッシュポイント後に刊行された、NEW 52のコミックスの一つである。ブルービートルの活躍が描かれる。

概要[]

本シリーズは、NEW 52のリランチによって新たに刊行した52誌のコミック・シリーズの一つで、『グリーンランタン・コァ』や『R.E.B.E.L.S.』を手がけたトニー・ベダードがライターを担当し、イグ・グアラがペンシラーを担当してスタートした。トニー・ベダードは同時期に『グリーンランタン:ニュー・ガーディアンズ』も手がけており、本シリーズにも『ニュー・ガーディアンズ』の関連キャラクターが登場した。
本シリーズはティーンエイジャーのハイメ・レイエスがブルービートルとして登場し、彼のオリジンから描かれた。

作者[]

ライター[]

  • トニー・ベダード (Tony Bedard)

アーティスト[]

  • イグ・グアラ (Ig Guara)
  • マルシオ・タカラ (Marcio Takara)

キャラクター[]

Blue Beetle - Blue Beetle Vol 8 2 1ブルービートル
Brenda - Blue Beetle Vol 8 6 1ブレンダ
Paco - Blue Beetle Vol 8 1 1パコ

▶︎ブルービートル Vol 8/キャラクター

ストーリー[]

ティーンエイジャーのハイメ・レイエスにとって、学校にも家庭にも悩みの種は山ほどあった。だがそんなハイメに、新たな悩みがやってくる。それは、星々を征服する宇宙人が作り出した、スカラベなんていう物騒な高度技術と繋がってしまうことだった。強力な異星人の力を手に入れ、ブルービートルとなったハイメは、果たしてその力を正しいことのために使えるのか?

作品[]

メタモルフォシス
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年9月21日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Metamorphosis, Part One』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年10月19日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Metamorphosis, Part Two』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年11月16日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Metamorphosis, Conclusion』
{{{カバーイヤー}}}年 (2011年12月21日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Gorilla Warfare』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年1月18日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Heartless』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年2月15日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Homewrecker』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年3月21日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Boy Meets World』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年4月18日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Even a Broken Clock is Right Twice a Day』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年5月16日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『The Enemy of My Enemy』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年6月20日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Close Enough for Government Work』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年7月18日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『All That Glitters』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年8月15日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Blood Beetle』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年9月19日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Sky Witness』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年10月17日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Reachworld』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年11月21日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Scarabworld』
{{{カバーイヤー}}}年 (2012年12月19日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『In the Styx』
{{{カバーイヤー}}}年 (2013年1月23日) [[{{{シリーズ}}} {{{#}}} ({{{カバーイヤー}}})|{{{シリーズ}}} #{{{#}}}]] ([[w:c:dc:{{{Series}}} {{{#}}}|英語版]])
『Bufferworld』

合本/単行本[]

TPB[]

Blue Beetle Vol 1 - Metamorphosis
Blue Beetle Vol. 1:
Metamorphosis
発売:2012/11/20
Blue Beetle #1『Metamorphosis, Part One』
Blue Beetle #2『Metamorphosis, Part Two』
Blue Beetle #3『Metamorphosis, Conclusion』
Blue Beetle #4『Gorilla Warfare』
Blue Beetle #5『Heartless』
Blue Beetle #6『Homewrecker』
Blue Beetle Vol 2 - Blue Diamond
Blue Beetle Vol. 2:
Blue Diamond
発売:2013/4/30
Blue Beetle #7『Boy Meets World』
Blue Beetle #8『Even a Broken Clock is Right Twice a Day』
Blue Beetle #9『The Enemy of My Enemy』
Blue Beetle #10『Close Enough for Government Work』
Blue Beetle #11『All That Glitters』
Blue Beetle #12『Blood Beetle』
Blue Beetle #0『Sky Witness』
Blue Beetle #13『Reachworld』
Blue Beetle #14『Scarabworld』
Blue Beetle #15『In the Styx』
Blue Beetle #16『Bufferworld』

関連タイトル[]

グリーンランタン:ニュー・ガーディアンズ
#9にてニュー・ガーディアンズが登場した。
スレッショルド
本シリーズに続いてブルービートルが登場した。

Advertisement