DCデータベース wiki
Advertisement

マン・オブ・スティール Vol. 2(The Man of Steel Vol. 2)はスーパーマンのリミテッド・シリーズのコミックスである。

概要[]

本作は、長年マーベルコミックスで活躍してきたマイケル・ブライアン・ベンディスがDCに移籍して手がけた最初のシリーズで、本作がスタートする前からDCコミックス誌面の広告ページで、「BENDIS IS COMING」と大々的に謳われていた。
スーパーマンの前シリーズであるスーパーマン Vol 4が終了し、アクション・コミックス (リバース)が#1000を迎えたタイミングで本作がスタートし、全6号が6週にわたってそれぞれ別のアーティストの画で展開された。本作後の新シリーズのスーパーマン Vol 5とアクション・コミックスは両タイトルともべンディスが担当している。
本作スタート前にアクション・コミックス #1000とDCネーション #0にて、それぞれ本作に登場する新登場キャラクターの顔見せとなるストーリーが掲載された。

作者[]

ライター[]

  • ブライアン・マイケル・ベンディス (Brian Michael Bendis)

アーティスト[]

  • アイヴァン・レイス (Ivan Reis)
  • エヴァン・シェイナー (Evan Shaner)
  • ライアン・スック (Ryan Sook)
  • ケヴィン・マグワイア (Kevin Maguire)
  • アダム・ヒューズ (Adam Hughes)
  • ジェイソン・ファボック (Jason Fabok)

キャラクター[]

ストーリー[]

新たな敵ロゴル・ザーの脅威が描かれ、クリプトン星崩壊の真実にも迫る。

合本/単行本[]

TPB[]

The Man of Steel 2018 TPB
The Man of Steel
発売:2018/11/6
The Man of Steel #1-6, DC Nation #0

関連タイトル[]

アクション・コミックス (リバース)
スーパーマン Vol 4
スーパーマン Vol 5
本作の前後のシリーズ

Advertisement